hidekazukazuhidekazukunの日記

はてなブログはじめましたhttps://policies.google.com/privacy

医療関係者に感謝の気持ちを言葉で伝えることが必要な理由

今日わたしは千葉大学医学部附属病院に行きました

最近は体の調子が悪く地元の病院で診てもらいました

血液検査の結果から千葉大学医学部附属病院で診てもらうほうがよいと

お医者様から紹介状を書いてもらいました

自分の体調の悪さの原因がわからないことから不安な気持ちになりました

今まで自分は健康で生きてきましたからいろいろ考えて行動しました

目に見えない不安や恐怖は人が生きていれば直面する問題だと思います

大学病院で診てもらえば最新の医療を受診することができるのです

自分の命を助けてくれる医療関係者は生きる希望になるのです

千葉大学医学部附属病院は最新の医療を提供してくれます

お医者様をはじめ看護師や薬剤師のひとや医療関係者は素晴らしい人だと思いました

人の命を助けるということは生きるために必要なことです

医療関係者は能力でだけではなく人間力が素晴らしいと思いました

医療はだれもが平等に受ける権利があると思います

自分一人では命を助けることができないのでみんなが協力して

行動する必要があると思います

千葉大学医学部附属病院は大学の中にあり医学部や薬学部や看護学部があります

僕は大学では経済学を学習しました

医療は人の命を助けるためにあるとおもいます

千葉大学医学部附属病院に到着すると受付で紹介状を渡して問診票を書いて

診察券を発行してもらいました

医療事務の人も素晴らしい人だと思いました

自分はお医者様に診察してもらいました

能力だけではなく人間力も素晴らしい人でした

わからないことを質問しても丁寧に答えてくれました

内視鏡で検査をしましたが病気の原因が少しわかり安心しました

自分に適した治療方法を教えてくれて助かりました

血液検査をすることで病気の原因がわかると教えてくれました

統計学で物事を客観的に判断して因果関係で問題を解決することが

必要な方法だと私は思いました

血液検査で自分の血を見ると生きていることを実感しました

痛みを感じることは生きるために必要だとおもいました

命の価値や生きる意味を考えることになりました

自分の経験は最高の資産だとおもいます

血液検査の結果から治療方法が決まるということです

薬を処方していただいた薬剤師に人も素晴らしいと思います

人は生きるために医療は必要です

感謝の気持ちを言葉で医療関係者に伝えることが必要だとわたしはおもいます